スマブラSPECIAL

スマブラに参戦した”任天堂以外”のキャラクターはどれだけいるの?【他社から参戦組】

 『大乱闘スマッシュブラザーズ』、縮めて「スマブラ」。

初代スマブラは『任天堂オールスター大乱闘スマッシュブラザーズ』で、文字通り『任天堂』のキャラクターのみでした。

シリーズ3作目の『スマッシュブラザーズX(エックス)』でクロスオーバーが実現し、他社作品からスネークやソニックが登場。

なんだかんだと増え続けたコラボキャラ達。「今一体どれだけいるのか」のまとめ。

他社からの参戦キャラ達

ソニック

  • スマブラ初参戦:『大乱闘スマッシュブラザーズX』
  • 出展元ゲーム:『ソニックシリーズ(セガ:現”セガゲームス”)』

 『スマッシュブラザーズDX』の時点で世界中から強い要望があったキャラクター。『スマッシュブラザーズX(エックス)』にて登場。移動速度が最速ながらも、その”判定の弱さ”から使いこなすのは難しいが上手く使えば強いキャラ。『スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』では判定も強くなり、強キャラの仲間入り。

スネーク

  • スマブラ初参戦:『大乱闘スマッシュブラザーズX』
  • 出展元ゲーム:『メタルギアシリーズ(コナミ:現”コナミデジタルエンタテインメント”)』

『メタルギアシリーズ』より参戦。その『メタルギアシリーズ』の小島秀夫監督の要望により参戦が実現。ソニックとは裏腹に、スネークは判定がめちゃくちゃ強く、クセはあるものの、かなり強いキャラクターとしてスマッシュブラザーズXでは君臨し、最新作にて復活。

ロックマン

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『ロックマンシリーズ(カプコン)』

こちらも海外からも熱い要望での参戦。ロックマンの特性のEX技を駆使し相手にすると結構厄介なキャラ。

ほんとに個人的な話をすると、ロックマンといえば『ロックマンゼロ』や『ロックマンエグゼ』なので、そちらのキャラも出ると嬉しいと思う。(『最後の切り札』にちょろっと登場しますけどね)

パックマン

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『パックマンシリーズ(ナムコ:現”バンダイナムコゲームス”)』

ゴールデンボールパックマン。通称「金○」 

復帰力の高さや、下Bの設置を上手く使えば強い。とりあえず触ってみて勝てるようなキャラではないので、スマブラ中級者向けなファイター。

リュウ

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『ストリートファイターシリーズ(カプコン)』

格ゲーでは決してないスマブラシリーズに、まさかの登場。スマブラに「コマンド入力」を持ち込んだ”スマブラの概念を破壊する男”。

新作ではタイマン時に限り、相手の方向に必ずキャラクター向く仕様になり、コマンドの暴発がしにくくなった。

ケン

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『ストリートファイターシリーズ(カプコン)』

同じく『ストリートファイターシリーズ』よりケンが参戦。リュウのダッシュファイターとして登場。

クラウド

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『ファイナルファンタジーVII(スクウェア:現”スクウェア・エニックス”)』

『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』のDLCで登場。リーチ・判定の持続・その威力・後隙のなさ・空中制御力の高さから強キャラ入り。

シモン

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』』
  • 出展元ゲーム:『悪魔城ドラキュラシリーズ(コナミ:現”コナミデジタルエンタテインメント”)』

『悪魔城ドラキュラシリーズ』よりヴァンパイアハンター「シモン」が登場。鎖をチャラチャラやる姿がシークの鉄糸舞のよう。

また個人的な意見ですが、ヴァンパイアハンターといえば『ボクらの太陽シリーズ』も好きだったのでジャンゴとか来ないかなぁと淡い期待をしておりました。もうヴァンパイアハンター枠は埋まってしまいましたね。

リヒター

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』』
  • 出展元ゲーム:『悪魔城ドラキュラシリーズ(コナミ:現”コナミデジタルエンタテインメント”)』

同じく『悪魔城ドラキュラシリーズ』より「リヒター」が、「シモン」のダッシュファイターとして登場。

”一応”他社からの参戦キャラ達

”一応”任天堂から販売された経験があるキャラクター達はこちらに分けました。

ベヨネッタ

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『BAYONETTAシリーズ(セガ:現”セガゲームス”)』

ベヨネキ。BAYONETTAシリーズより参戦。凶悪な判定と空中でのコンボを持ち、恐らく『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』において最強キャラ候補のひとり。
最新作でもその猛威は続くのか見ものです。続かなくてよいけど、弱くなりすぎないように願います。

シュルク

  • スマブラ初参戦:『『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』
  • 出展元ゲーム:『ゼノブレイド (Xenoblade)』(任天堂)(※他のゼノシリーズは『スクエア・エニックス』『バンダイナムコゲームス』などから販売)』

段々ノッてくるシュルク。『ゼノブレイド』より参戦。

モナドアーツを駆使し、人によって立ち回りが豊富。個人的に『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』』ではアイクの上位互換的な存在だった。

結局どれくらいのコラボがいたのか?

ダッシュファイターも含め、他社からのコラボは9人でした。(シュルクやベヨネッタを除くなら7人。)結構増えましたね。

前作ではDLCのキャラクターがちょっと強すぎてバランスが崩壊してたので、クラウドやベヨネッタの調整が気になるところです。

予約はこちら(パッケージ版)から可能です。

ダウンロード版はこちら

Nintendo Switch Online 個人プラン3か月 (90日間) 利用券がついたちょっと得する本体セットこちらから予約できます。