スマブラSPECIAL

スマブラSPECIALに”完全新参戦”なキャラクターまとめ【意外な”あの”キャラまで】

 スマブラ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』。

今までの全ファイターが登場するかつてみないほどの大ボリュームのゲームとなっています。

今まで登場したキャラクター、推しくもシリーズ全てに登場しなかったキャラクターも全て登場。まさしく”SPECIAL”な最新作。

ここでは、復活組や従来のキャラクターではなく、完全新登場のキャラクターをまとめておきます。

【10年以上を超えて復活!】最新作で再登場するキャラクターまとめ【スマブラSP】 大人気シリーズであるスマブラの最新作『スマッシュブラザーズSPECIAL』。 なんと最新作では、今までの全てのキャラクターが復活...

今作から”完全新登場”のファイター達

インクリング

  • 出展元ゲーム:『Splatoon』

当サイトでもメインコンテンツである『Splatoon(スプラトゥーン)』よりインクリングの参戦。

完全新作(シリーズモノでない作品)として登場し、一気にゲーム界のトップクラスの人気にまで上り詰めたモンスターゲーム。

各スマッシュや必殺技に、様々な武器を使ったり、相手にインクを塗ることでダメージが増えたり、かなり個性の強いキャラクターとなっています。

登場するべくして登場した感じがありますね。ディレクターの野上さんにはよくもらい泣きしてしまいます。

はやく使いたい……!!

デイジー

  • 出展元ゲーム:『スーパーマリオシリーズ』

ピーチのダッシュファイターとして、デイジーが参戦。

現時点では、ピーチとの差異があまり見られませんが、他のキャラを見る限り必ず差別化を図ってるのは間違いないので、発売後の操作が楽しみです。

クロム

  • 出展元ゲーム:『ファイアーエムブレム覚醒』

ロイのダッシュファイターとして、『ファイアーエムブレム覚醒』よりクロムが参戦。前作では「なくはないです」と不遇な扱いを受けていたクロムでしたが、無事参戦できてよかったです。(?)

上Bは「天空」に似てますが、非なる技「翔流斬」。

余談ですが、『ファイアーエムブレム覚醒』でのルキナと出会うシーンは恥ずかしながら涙が出ました。ルキナかわいい。

ダークサムス

  • 出展元ゲーム:『メトロイドプライムシリーズ』

サムスのダッシュファイターとして、ダークサムスが登場。前作では色変えで出ていましたが、今回ダッシュファイターとして、しっかり登場。要望が多かったのでしょう。

基本性能はサムス同等ですが、立ちモーションが常に浮いていたり、チャージショットの色が異なっていて厨二心をシンプルにくすぐられます。

リドリー

  • 出展元ゲーム:『メトロイドシリーズ』

メトロイドシリーズよりお馴染みのボス、リドリーが参戦。テクスチャハックでリザードンをリドリーに買える人がいたりと、参戦が望まれていたキャラ。

『スマッシュブラザーズX』の亜空の使者では、ボスキャラとして巨大に登場しましたが、プライアブルになると小さくなりましたね。

シモン

  • 出展元ゲーム:『悪魔城ドラキュラシリーズ(コナミ:現”コナミデジタルエンタテインメント”)』

『悪魔城ドラキュラシリーズ』よりヴァンパイアハンター「シモン」が登場。鎖をチャラチャラやる姿がシークの鉄糸舞のよう。

リーチの長い攻撃で間合いを取る戦い方が主流になりそう。スプラトゥーンで言うと、プライムシューターのような立ち位置でしょうか。(?)

リヒター

  • 出展元ゲーム:『悪魔城ドラキュラシリーズ(コナミ:現”コナミデジタルエンタテインメント”)』

同じく『悪魔城ドラキュラシリーズ』より「リヒター」が、「シモン」のダッシュファイターとして登場。
どう性能が変わるのか、私、気になります。

スマブラに参戦した”任天堂以外”のキャラクターはどれだけいるの?【他社から参戦組】 『大乱闘スマッシュブラザーズ』、縮めて「スマブラ」。 初代スマブラは『任天堂オールスター大乱闘スマッシュブラザーズ』で、文字通り...

キングクルール

  • 出展元ゲーム:『ドンキーコングシリーズ』

『ドンキーコングシリーズ』より、キングクルールが参戦。

足の遅いキャラや、大きいキャラはコンボが入りやすいという点でよく不遇な立ち位置になるのですが、最新作で重量級キャラの生きる道は出来るのか楽しみです。

ケン

  • 出展元ゲーム:『ストリートファイターシリーズ(カプコン)』

リュウのダッシュファイターとして『ストリートファイターシリーズ』よりケンが参戦。ルイージと並ぶ元祖ダッシュファイター枠。
近年の性能差(足の速さなど)もしっかり考慮されていて、リュウとは性能差がある様子。コラボ枠への桜井さんの原作リスペクトはさすがです。

ガオガエン

  • 出展元ゲーム:『ポケットモンスターシリーズ』

『ポケモンサンムーン』の炎の御三家最終進化のガオガエンが参戦。同じく御三家のジュナイパーは『ポッ拳』に参戦し、スマブラにはガオガエン。アシレーヌが若干不遇で寂しいです。人気のあるキャラクターなので、なにかしらの処遇はあるのでしょうか。

しずえ

  • 出展元ゲーム:『どうぶつの森シリーズより』

どうぶつの森シリーズより、しずえさんが参戦。しずえ参戦。戦うイメージのないキャラクターは出さないスタンス”だった”スマブラに「むらびと」が登場したことも衝撃でしたが、まさかのしずえさん。

「むらびと」と似た技を沢山もってるので、同様にいやらしい立ち回りをするのでしょうか。恐ろしい。

パックンフラワー

  • 出展元ゲーム:『スーパーマリオシリーズより』

最後のスマブラダイレクトにて、発表された衝撃のニューカマー。それがこちらパックンフラワー。桜井さん渾身の変化球に驚きを隠せませんでした。

こちらは発売後のDLC枠の1ファイターとなっており、発売から1〜2ヶ月後に配信が開始されるそうです。DLCなので、追加料金がかかるのですが、早期購入特典として、パックンフラワーついてきます。

桜井さん曰く、「購入はお早めに」

さいごに

 パックンフラワーしかり、リドリーしかり、ダークサムスしかり、キングクルールしかり、新規参戦はライバルキャラが多い印象。

 使用してみないことにはわかりませんが、どれも魅力的ではやく動かしたいワクワクでいっぱいです。

 それではまた。